«  2019年2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2019年2月 4日

こんにちは。ひらざわ矯正歯科クリニックです。


患者様に「ブラケット治療とインビザラインで治療するのと、どちらが痛くないですか?」

と、カウンセリングをしているとよく聞かれる質問のひとつです。


私自身はブラケット治療しか経験がないので、両方比べることはできないのですが、院長は、ブラケット治療約2年間、現在インビザラインで治療中なので、院長に聞いてみました。


「インビザラインはほとんど痛みを感じることはない!」

そうです。

院長はブラケット治療も経験しているので、ブラケット治療と比べるとインビザラインの方がとても快適!だったり、食事の際も楽!だったり、歯みがきもしやすい!ので、院長はブラケットの痛みと、インビザラインの痛みを比べるとインビザ押し!!です。

clear-aligner02.jpgのサムネール画像

私が治療していた何十年も前はブラケット装着した日は、ご飯が食べれない、、、噛めない、、、、触るだけで痛い、、、調節をした2.3日は辛い、、、思い出もありますが、慣れてしまえばブラケットを装着しているのを忘れるぐらい何でも食べれるし、歯ブラシもコツを掴みしっかりと磨けば虫歯になることもありません。


当院ではブラケット治療の際に使用するワイヤーはとても細いものを使用しているのと、ブラケットもワイヤーの動きがスムーズなものを採用しているので、痛みはかなり軽減されていますのでご安心ください。


DSCF0045.JPG


患者様の生活スタイルで選ぶことが出来るようにカウンセリングで提案させていただいています。


インビザラインは使用時間が1日22時間以上とお約束させていただいています。

お仕事中、食べることが出来ない環境であればインビザラインを使用するのも大変ではないと思いますが、お仕事中や、学校などで食べることが出来る環境だと、インビザラインを外す回数が多くなってしまう傾向があります。

食べるごとに外す、、、となると、使用時間は明らかに短くなってしまいますよね。


1日の生活スタイルをシュミレーションし、「この時間に食事をする」「休憩時間はこのくらい」「ハミガキできる時間があるかな」とか、ご相談いただければ装置のアドバイスさせていただいております。

2019年1月29日

こんにちは。

ひらざわ矯正歯科クリニックです。


インビザラインのマウスピースの使用時間はどのくらい使えばいいの??


と患者様からのご質問が多くあります。


使用時間は、当院では22時間以上をお約束としています。


お食事の時間以外はずっと装着していただくことになります。


PICT0005.JPG

食後は、うがい、ハミガキ後すぐに装着するのがお約束です。


マウスピースを外した直後から歯は移動を始めます。


外している時間が長ければ長いほど動きます。

使用時間が短いと、歯が動かしたい位置まで動かなかったり、マウスピースとの間に浮きが出てきてしまいます。

clear-aligner02.jpg


治療をスムーズに終えるためにも、使用時間をしっかりと守りましょう。

2018年10月12日

こんにちは。


ひらざわ矯正歯科クリニックの院長です。

土・日・月を利用し、ワールドデンタルショー2018と、第8回日本国際歯科大会に参加してきました。


IMG_8902.JPG

今回、日本国際歯科大会ではドイツからWerner Schupp先生が来日し、「アライナー矯正のエビデンスと基本ルール」をテーマに講演されました。


IMG_8904.JPG

Schupp先生はアライナーの開発に携わりインビザラインでもヨーロッパトップの先生でもあり、とても貴重な講演内容でした。


矯正治療だけではなく歯科分野全般の大会だったので、矯正以外の分野の最新の治療にも触れ、勉強にもなりました。


ワイヤー矯正から今はインビザラインでの治療を希望される方も多く、少し前から比べると歯科器材も大きく変化しています。

最新の器材を見る事ができ、今後いまよりももっとデジタル化が進み当院でも対応できるよう、色々と検討材料にもなりました。


2018年9月15日

インビザラインの使用時間についてのお話しです。


マウスピースを使用し、歯を動かすインビザライン。

フルブラケットの場合は治療が終わるまで装置は外すことができません。
装置が歯についている間、力がかかり続けています。

その点、インビザラインは食事や歯ブラシの間、外すことができますが、それ以外はしっかりとマウスピースを使用していなければいけません。


外している時間が長いほど、マウスピースが合わなくなる可能性が高くなります。

合わなくなると、口腔内をスキャンしマウスピースを再生する必要があります。


チューイーを使用し、浮きがないように歯に装着し、使用時間をしっかりと守る。

それが治療がスムーズに進むコツです。


私も今、インビザラインの治療をしています。
がんばりましょう!!

2018年8月 4日

こんにちは。
ひらざわ矯正歯科クリニックの院長の平澤です。

今日からインビザラインの治療を始めました。


15年以上前、矯正を学んでいたころにフルブラケット装置での矯正治療は終えていますが、当院での大人の患者様の治療内容がインビザラインを希望される方が非常に多く、毎月講習会や、勉強会に参加し、インビザラインの治療のノウハウは日々更新していますが、実際、自分の口腔内で身をもって体験しようと思いまして、iteroで検査し、今日、私のインビザラインが到着しました。


IMG_6828.jpg

自分でアタッチメントを付けて、、、、、、。
↑これ、一番大変でした。

今日の朝からインビザラインを装着しての診療開始です。

まだ半日しかつけていませんが、実際の感想としては、、、、、

痛みがほとんどない。
インビザラインをつけていることをスタッフも気が付かない。
話し方も違和感なし。

そして、加速装置もただいま充電中。

患者様に負けないように真面目にしっかりと治療します。


2018年7月21日


こんにちは。ひらざわ矯正歯科クリニックです。


当院で大人の矯正治療を始められる方のほとんどは「インビザライン」の治療を希望されます。

やはり「見えたくない」「気づかれたくない」という理由が一番多いですが、インビザラインは来院回数も通常のブラケット装置に比べ少なくて済むので、遠方からも多く患者様にお越しいただいております。

カウンセリングの時に、他の矯正歯科医院、歯科医院で「あなたは抜歯が必要だから、あなたは出っ歯だから、かみ合わせがずれているから、という理由でインビザラインの治療は向いていない、出来ない」と言われ、表側の装置(フルブラケットシステム)をすすめられた、と言われた患者様が多くいます。

当院では「抜歯が必要な方、出っ歯の方でもインビザラインでの治療は可能です

どのような歯並びのかたでもインビザラインの治療はできます。

患者様の口腔内に合わせて様々な装置を併用します。


PICT0222.JPGのサムネール画像

PICT0224.JPGのサムネール画像

↑上の写真の患者様は上下抜歯ケースです。約6か月程度ですが、正面から見えない側面に一時的にブラケットを装着し、抜歯したスペースを閉じます。閉じ終われば装置はすべて撤去し、インビザラインに移行します。
この一時的に側面にブラケットを使用するとこにより、抜歯スペースが早く埋まりますし、出っ歯も改善することができます。

PICT1198.JPG

↑上の写真の患者様はアンカースクリュー(矯正用のインプラント)も併用しています。
かなり早いスピードで抜歯のスペース、上顎を引っ込める効果があります。

患者様の状態によって、さまざまな装置を併用し、治療をすることが可能です。

インビザラインで治療を希望される方は「見えない」装置が希望なので、当院でも「見えない」にこだわって治療を進めています。


2018年7月14日

こんにちは。ひらざわ矯正歯科クリニックです。

インビザラインの患者様には、治療をスムーズに進めるために加速装置を使用していただいています。

当院で使用している加速装置は「 AcceleDent 」と「 OrthoPulese 」の2種類あります。


IMG_6576.jpg

↑AcceleDent(アクセルデント)

IMG_6577.jpg
↑OrthoPulse(オルソパルス)


矯正治療の精密検査、診断結果により、患者様一人一人に合わせてどちらを使用するのが適正かを判断し、使用していただいております。

使用方法については加速装置を導入するときに詳しくお話ししますね。


2018年6月26日

こんにちは。ひらざわ矯正歯科クリニックです。


日曜日、月曜日に東京で行われましたDSC(デジタルスマイルデザイン)の勉強会に出席してきました。


CTをはじめ、光学印象を用いた次世代のデジタル化による総合的、かつ、包括的な矯正治療の診断をするための勉強会です。


最先端の矯正治療の診断方法であり、当院でも取り入れることができるよう、今、勉強中です。


IMG_6464 (5).JPG


IMG_6463 (1).JPG


2018年6月 4日

こんにちは。ひらざわ矯正歯科クリニックです。


少し前のブログから「iTero」についてお話しさせていただいています。


その「iTero」ですが、通常、精密検査時に患者さんの口腔内をスキャンし、レントゲン写真、口腔内写真、顔写真等で診断し、矯正治療前、矯正治療後の変化をアウトカムシュミレーターを用い、アウトカムシュミレーションを実際に確認して頂いております。


(あくまでもイメージになります。実際にインビザラインのマウスピース作成時にはこのスキャンをもとにレントゲン、顔写真、口腔内写真など何度もすり合わせをし、細かく診断しますので、実際は異なります。)


図1_LI.jpg

このアウトカムシュミレーション(治療後のイメージ)を見ながら自由に左右見る事が出来たり、回転することもできるので前から、横から、内側からなど様々な方向から噛み合わせの状態も確認できます。

もし、歯を抜かなければならない方には、仮に歯を抜いた場合の説明も可能です。

頭の中になんとなくを描くより、実際に画像を見ると、とても分かりやすく、想像しやすくなります。

通常のカウンセリングでは、口腔内写真とレントゲン撮影を行い、1時間ほどのカウンセリングを行っております。

もし、カウンセリング時にアウトカムシュミレーターを使用し、アウトカムシュミレーションを希望の方は、事前予約の際に必ずお伝えくださいね!!

お口の中をスキャンするのにお時間を頂くため、前後の予約で受付できない場合もございます。

☆アウトカムシュミレーション(治療後のイメージ)になりますので歯の動きを厳密に反映するものではありません。

☆実際、インビザラインでの治療の患者様の検査時には精密検査、レントゲン撮影、診断等、何度も擦り合わせをしながら治療計画を立てていきます。アウトカムシュミレーションのあの動きとは異なります。

2018年4月24日

こんにちは。ひらざわ矯正歯科クリニックです。


前回のブログで「iTero」についてお話しさせていただきました。


その「iTero」ですが、下の写真のように、患者さんの口腔内をスキャンした後、10分以内で矯正治療前、矯正治療後の変化をアウトカムシュミレーターを用い、アウトカムシュミレーションを実際に確認して頂くことが可能です。

(あくまでもイメージになります。実際にインビザラインのマウスピース作成時にはこのスキャンをもとにレントゲン、顔写真、口腔内写真など何度もすり合わせをし、細かく診断しますので、実際は異なります。)


IMG_5892.PNG

このアウトカムシュミレーション(治療後のイメージ)を見ながら自由に左右見る事が出来たり、回転することもできるので前から、内側からなど様々な方向から噛み合わせの状態も確認できます。
問題のある場所であったり、ご自身の気になっている箇所など治療をすることにより、どのように変わるかイメージすることができます。


なんとなく、、、、、が、こんな風に変わるんだ!と想像しやすくなりますよね!!

☆アウトカムシュミレーション(治療後のイメージ)になりますので歯の動きを厳密に反映するものではありません。

☆実際、インビザラインでの治療の患者様の検査時には精密検査、レントゲン撮影、診断等、何度も擦り合わせをしながら治療計画を立てていきます。アウトカムシュミレーションのあの動きとは異なります。


Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

ひらざわ矯正歯科 院長 平澤建太朗 ひらざわ矯正歯科
https://www.hi-ortho.com/
院長 平澤建太朗

【略歴】
2000年3月 愛知学院大学歯学部卒業
2000年4月 歯科医師免許取得
2000年4月 朝日大学歯学部矯正学講座入局
2002年4月 渡辺矯正歯科クリニック 勤務
2005年8月 ひらざわ矯正歯科 開業

【所属】
日本成人矯正歯科学会 会員
日本矯正歯科学会 会員
近畿東海矯正歯科学会 会員